良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『きんじょのきんぎょ』
2014年10月07日 (火) | 編集 |
●『きんじょのきんぎょ』
  内田 麟太郎 (著), 長野 ヒデ子 (イラスト)

 絵本で大活躍の内田 麟太郎さんは、もともと詩人です。

 すべて日常の言葉をつかっているのに
 しゃれっけがあって、どこかおもしろい内田さんの詩。

  ありは
  みたとおり
  ありのままだけど

  ぞうは
  みたとおり
  そうのままかしら

 子どもが楽しめる詩がいっぱいの詩集です。

きんじょのきんぎょ―内田麟太郎詩集 (詩の風景)きんじょのきんぎょ―内田麟太郎詩集 (詩の風景)
(2006/09)
内田 麟太郎

詳細を見る

『ええところ』 
2014年09月30日 (火) | 編集 |
●『ええところ』  くすのき しげのり (著), ふるしょう ようこ (イラスト)

  あいちゃんは背が低くて走るのも遅くて
  100点なんて1回もとったことがない。

  「わたしって、ええところひとつもないなあ」

  と落ち込みます。

  でも、友達のともちゃんのやさしさに、
  あいちゃんは、大切なことに気づかされます。

  自分に肯定感をもてず、不安になりがちな女の子に
  せひ読んでもらいたい絵本です。

ええところええところ
(2012/01)
くすのき しげのり

詳細を見る

『さつまのおいも』
2014年09月23日 (火) | 編集 |
●『さつまのおいも』
  中川 ひろたか (著), 村上 康成 (イラスト)

  おいもは土の中で暮らしています。

  ごはんも食べるし、歯もみがきます。

  トイレにも行くし、お風呂にも入ります。

  おいもの畑に子供達がやってきて、
  おいもと子供達のつな引きが始まりました…。

  軽快な文章とユーモラスな絵。意外な展開と結末。

  小さな子どもたちが喜ぶことは間違いないでしょう。

さつまのおいも (絵本・ちいさななかまたち)さつまのおいも (絵本・ちいさななかまたち)
(1995/06/20)
中川 ひろたか

詳細を見る

『おかあさんになるってどんなこと』
2014年09月16日 (火) | 編集 |
●『おかあさんになるってどんなこと』
  内田 麟太郎 (著), 中村 悦子 (イラスト)

うさぎの女の子と男の子が遊びながら
 「お母さんになるってどんなこと?」と考えます。

  こどもの名前を呼ぶこと、
  子どもと手をつなぐこと、
  そして心配して抱きしめること…。

  優しい言葉ときれいで可愛い絵でできた、
  お母さんを見つめ、考える絵本です。

  子どもはお母さんが愛おしくなるでしょう。


おかあさんになるってどんなこと (PHPわたしのえほんシリーズ)おかあさんになるってどんなこと (PHPわたしのえほんシリーズ)
(2004/04)
内田 麟太郎

詳細を見る

『ともだちや』
2014年09月09日 (火) | 編集 |
●『ともだちや』
内田 麟太郎 (著), 降矢 なな (イラスト)

1時間100円で友だちになるという
「ともだちや」という商売を始めた寂しがりやのキツネ。

 でも、なかなかうまくきません。

 そんな時、声をかけてきたのはオオカミでした。

 トランプで遊んだ後にキツネがお代を請求すると、
 オオカミは叫びました。

 「お、おまえは、ともだちから かねを とるのか。
  それが ほんとうの ともだちか!」

 キツネとオオカミの友情を中心に描きながら、
 本当の友達ってなんだろうって、問いかけます。

 笑えて、しんみりして、面白くて、
 シリーズ全部を読みたくなります。

 ユーモラスな文章と生き生きした動物たちの絵が見事に合わさった、
 大人気「おれたち、ともだちシリーズ」の第1作目です。

ともだちやともだちや
(1998/01)
内田 麟太郎

詳細を見る

『きつねのでんわボックス』
2014年09月02日 (火) | 編集 |
●『きつねのでんわボックス』作: 戸田 和代 絵: たかす かずみ

 町はずれのでんわボックスにあかりが灯るころ、
 病気のおかあさんにでんわをかけにやってくる男の子。

 それをそっと見まもる子どもをなくした、かあさんぎつね。

 「ぼうやがうれしいと、かあさんはいつもうれしいの」

 わが子を思う母親の心情が心にしみます。

 絵と文章が見事に調和し、静かに優しく語りかける「愛の絵本」です。

 第8回ひろすけ童話賞受賞作品。

きつねのでんわボックスきつねのでんわボックス
(2006/07)
戸田 和代

詳細を見る

『キャベツくん』
2014年08月26日 (火) | 編集 |
●『キャベツくん』長 新太作

腹ぺこのブタヤマさんとキャベツくんが道で出会います。

キャベツくんを食べようとするブタヤマさんにキャベツくんが

「ぼくを食べると、キャベツになるよ!」

すると、空には鼻がキャベツになったブタヤマさんが現れます。

「ブキャ!」

ブタヤマさんはびっくり。

じゃあ、ヘビがキャベツくんを食べたらどうなる? 
タヌキが食べたら? カエルは? ライオンは?

ただひたすらナンセンスで笑える傑作絵本。

第4回絵本にっぽん大賞受賞。

キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(2005/02)
長 新太

詳細を見る

『やっぱりおおかみ』
2014年08月19日 (火) | 編集 |
●『やっぱりおおかみ』 佐々木 マキ著


どこに行っても、だれとであっても、
同化することができない一匹のおおかみ。

いつまでたっても、
孤独から抜け出すことができないおおかみ。


ときどき「け」と吐き捨てながら、

「やっぱり おれは おおかみだもんな 
 おおかみとして いきるしかないよ」

という悟りに近い思い至ります。

孤独に悩む少年少女にお勧めします。

やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)
(1977/04/01)
佐々木 マキ

詳細を見る

『かあちゃん取扱説明書』
2014年08月12日 (火) | 編集 |
●『かあちゃん取扱説明書』 作: いとう みく 絵: 佐藤 真紀子

この物語は、こんな作文から始まります。

ぼくんちで、一番いばっているのはかあちゃんです。
今朝も朝からガミガミうるさくって、ぼくはハラがたちました。
かあちゃんにいいたいのは、何日も同じごはんをつくらないでほしいです。
さいごに、かあちゃんはすぐ「早く」っていうけれど、
ぼくが「早く」っていうとおこるのは、やめてほしいと思います。

 ・・・・・・

 作文を読んだ父ちゃんは大笑いして

 「かあちゃんはほめるときげんがよくなるんだ。とにかくほめること。
 パソコンもビデオも扱い方をまちがえると動かないだろ」

 主人公はこうして、かあちゃん取扱説明書を書きはじめたのですが・・・。

 笑いながら、親子の関係を考えられる良書です。

かあちゃん取扱説明書 (単行本図書)かあちゃん取扱説明書 (単行本図書)
(2013/05/20)
いとう みく

詳細を見る

『おかえし 』
2014年08月05日 (火) | 編集 |
●『おかえし (こどものとも傑作集)』
  村山 桂子 (著), 織茂 恭子 (イラスト)

 タヌキの家の隣に引越してきたキツネは、
 いちごを持ってあいさつにいきました。

 するとタヌキはおかえしに……。

 キツネとタヌキの大真面目なおかえし合戦は
 どんどんエスカレートしていき、思わず笑ってしまいます。

 絵も家の中の細部まで描かれていて、
 子どもがいろいろと発見できる楽しい絵本です。

おかえし (こどものとも傑作集)おかえし (こどものとも傑作集)
(1989/09/25)
村山 桂子

詳細を見る

『やさしいおおかみ』
2014年07月29日 (火) | 編集 |
●『やさしいおおかみ』
ペーター・ニックル (著), ユゼフ・ウィルコン (絵), 佐々木 元 (翻訳)

 絵本ではたいてい悪役のおおかみですが、
 この絵本ではやさしいおおかみとして登場します。

 森のどうぶつたちを助けたり、親切にしたり、
 すごくやさしいのです。

 しかし、おおかみを怖いと思っている
 どうぶつたちには、なかなか信用されません。

 そんなことって、人間社会にもあるかもしれません。

やさしいおおかみやさしいおおかみ
(1983/01)
ペーター・ニックル

詳細を見る

『もったいないばあさん まほうの くにへ 』
2014年07月22日 (火) | 編集 |
●『もったいないばあさん まほうの くにへ 』
真珠 まりこ (著), 大友 剛 (監修)


「もったいないばあさんとあそぼう」の人気シリーズの1冊。

この絵本は、もったいないばあさんが、
まほうのくにへやってくるお話。

まほうつかいの修行をしている、
マジシャンのマジマジさんと出会い、

案内してもらいながら進んで行くと、
びっくりする不思議なことが次々と起こります。

 あそびの中で、ものや自然を大切にする心を伝えます。

もったいないばあさん まほうの くにへ (講談社の創作絵本)もったいないばあさん まほうの くにへ (講談社の創作絵本)
(2011/04/05)
真珠 まりこ

詳細を見る

『こころのふしぎ なぜ?どうして?』 
2014年07月15日 (火) | 編集 |

●『こころのふしぎ なぜ?どうして?』 村山 哲哉 (監修)
  
「ごめんね」がうまく言えない。

にがてなことは、あきらめちゃダメ?

おばけは、どうしてこわいの?

もっと、ともだちがたくさんほしい!

など、子どもの素朴な思いや疑問に、
楽しい絵とシンプルな文章で答える大人気の本です。

こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)
(2013/07/27)
村山 哲哉

詳細を見る

『6さいのおよめさん』
2014年07月08日 (火) | 編集 |
●『6さいのおよめさん』
(文)鈴木中人(絵)城井 文 
 
著者の鈴木中人さんは、いのちを大切する心、家族の絆、
生きる力を育むために、全国各地で「いのちの授業」の講演活動などを
積極的におこなっていらっしゃいます。

その「いのちの授業」が絵本になりました。

「お嫁さんになりたい」という夢をもって、
6歳までのいのちを精一杯輝かせた
小児がんの少女(ケイコちゃん)の実話をもとにした物語です。

どうぞ、ひとりで、また大切な人といっしょに読んでください。

6さいのおよめさん6さいのおよめさん
(2014/07/27)
鈴木 中人

詳細を見る

『みんなくるくるよってくる』
2014年07月01日 (火) | 編集 |
●『みんなくるくるよってくる』
 おのりえん(著) はたこうしろう (イラスト)

 個性豊かな4兄弟を描く「おかしきさんちシリーズ」の一冊です。

 おかしきさんちに次々と連れてこられた、捨て猫たち。

 みんな、のみだらけ。

 さて、さて、どうなるのでしょう。

 子どもたちの日常の世界をほのぼのと描いた心温まる絵本です。

みんなくるくる、よってくる―おかしきさんちのものがたりみんなくるくる、よってくる―おかしきさんちのものがたり
(2011/07)
おの りえん

詳細を見る

『ずっとずっといっしょだよ 』
2014年06月24日 (火) | 編集 |
●『ずっとずっといっしょだよ 』宮西達也作
  
 ひとりぼっちだったティラノサウルスの前に、
 ある日、空からプテラノドンの女の子プノンがまいおりてきました。

 「いっしょにいたい」

 よわむしだったティラノサウルスですが、
 つよくなるために、プノンが教えてくれたようにトレーニングを開始。

 そこへ、プノンを食べようとする恐ろしいゴンゴサウルスが・・・。

 「やくそくしたんだ。
  ずっとずっといっしょだよって」

 このシリーズ、やはり感動します。

ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間)ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間)
(2012/06/14)
宮西 達也

詳細を見る

『おしいれのぼうけん』
2014年06月17日 (火) | 編集 |
●『おしいれのぼうけん』古田 足日 (著), 田畑 精一 (イラスト)

最近亡くなれた古田 足日さんの名作絵本です。

さくら保育園でこわいものは2つ。
おしいれと人形劇に出てくるねずみばあさんです。

何度注意されても言うことを聞かない子は
真っ暗なおしいれに入れられて、
あやまるまで出してはもらえないのです。

さとしとあきらは、おしいれの奥に広がる夜の街で、
恐ろしい「ねずみばあさん」と遭遇します。

「さとちゃん、てを つなごう」。

お互いの手のぬくもりに勇気をもらって、
ふたりの大冒険が始まるのです。

ドキドキハラハラしながら読むほうも夢中になれます。

冒険が終わった後、子どもだけでなく、大人も成長。
素晴らしい絵本です。

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
(1974/11/01)
古田 足日

詳細を見る

『ぼく、あめふりお』
2014年06月10日 (火) | 編集 |
●『ぼく、あめふりお』大森 裕子 著

 てるてるぼうずなのに、「あめふりお」。

 いつも彼のまわりでは雨が降ってしまうのです。

 お日さまに会ったことがない彼は、
 遠くに行ったら会えるかもしれないと旅に出ます。

 雨の中をとぼとぼと歩く彼の姿は、けなげです。

 すると、はじけるような笑顔の女の子に出会います。

彼が大好きになった女の子の願いのためにとった決断は、
 また切ない。

 でも、心がじーんとして温かくなる絵本です。

ぼく、あめふりおぼく、あめふりお
(2007/06)
大森 裕子

詳細を見る

『ビロードのうさぎ』
2014年06月03日 (火) | 編集 |
●『ビロードのうさぎ』
 マージェリィ・W. ビアンコ (著), 酒井 駒子 (イラスト, 翻訳)

おもちゃのうさぎは、ぼうやに愛されて、
それはそれは幸せでした。

自分がほんもののうさぎになったような
気持ちにもなりました。

でも、ぼうやが病気になったことがきっけで
ボロボロになったうさぎは捨てられることになりました。

うさぎの目から涙が流れます。

そのとき、うさぎに思いがけない奇跡が起こるのです。

胸がキュンとして優しい気持ちになれる名作絵本です。

ビロードのうさぎビロードのうさぎ
(2007/04)
マージェリィ・W. ビアンコ

詳細を見る

『メイは なんにも こわくない 』
2014年05月20日 (火) | 編集 |
●『メイは なんにも こわくない 』
  きむら ゆういち (著), あべ 弘士 (著)

ミリオンセラー絵本『あらしのよるに』の主人公のヤギのメイの
小さかったころの物語です。

なんとも楽天的で怖いもの知らずのメイに
ハラハラドキドキするのですが、
メイにはありえないほどの幸運が続きます。

読んでいるうちに
ほんわりとのんびりしたメイのような
気持ちになれるかもしれません。

あらしのよるにスペシャル メイは なんにも こわくない (あらしのよるにシリーズ)あらしのよるにスペシャル メイは なんにも こわくない (あらしのよるにシリーズ)
(2011/11/29)
きむら ゆういち、あべ 弘士 他

詳細を見る

『パパはウルトラセブン・ママだってウルトラセブン』
2014年05月13日 (火) | 編集 |
●『パパはウルトラセブン・ママだってウルトラセブン』
  みやにし たつや 著

がんばるパパがウルトラセブンなら、
ママだって、ウルトラセブン。

 「ママの愛は深い。
 
  おかあさんの愛は広い。

  おかあちゃんの愛は大きい。

  そして、その愛はどんなものにも
  けっしてまけない。」


 ママの気持ちが子どもにパパにも伝わってほろりと感動。

 今日もがんばるおかあさんたちに拍手を送りたくなりました。


パパはウルトラセブン・ママだってウルトラセブンパパはウルトラセブン・ママだってウルトラセブン
(2001/05)
みやにし たつや

詳細を見る

『こんなかいじゅうみたことない 』
2014年05月06日 (火) | 編集 |
●『こんなかいじゅうみたことない 』
藤本ともひこ (著)

かいじゅうなのに、やさしくて、
えほんと おかたづけが だいすき。

かいじゅうのお父さん、お母さんは、
こまって、保育園に入れます。

そこで、かいじゅうは、たくさんの「小さなかいじゅう」の
子どもたちに出会い、やさしいみんなのことがだいすきになります。

そして、幼稚園を卒園したかいじゅうは・・・

なんともユニークで楽しいかいじゅう絵本です。

こんなかいじゅうみたことない (えほんをいっしょに。)こんなかいじゅうみたことない (えほんをいっしょに。)
(2013/12/07)
藤本ともひこ

詳細を見る

『あなたって ほんとうに しあわせね!』
2014年04月29日 (火) | 編集 |
●『あなたって ほんとうに しあわせね!』
 キャスリーン アンホールト (著), 星川 菜津代 (翻訳)


 ひとりっ子の女の子に、赤ちゃんが生まれることに・・・。

 ずっと待って、弟が生まれたときは、大喜び。

 けれども、次第に赤ちゃん中心の生活がいやになってきます。

 さみしい気持ちにもなります。

 でも、女の子も疲れてしまったお母さんのために、
 弟のお世話をすることなってから気持ちに変化が生まれます。

 はじめて弟や妹ができた子に読んでもらいたい
 また、その子の気持ちを理解するためにも親にも読んでもらいたい
 心温まる絵本です。

あなたってほんとにしあわせね!あなたってほんとにしあわせね!
(1994/06)
キャスリーン アンホールト

詳細を見る

『ルラルさんのにわ』
2014年04月22日 (火) | 編集 |
●『ルラルさんのにわ』いとうひろし作

ルラルさんと動物たちとの交流を描く、
ほのぼのとした絵本シリーズの第1作目です。

ルラルさんは毎日、庭の手入れをします。

自慢の大切な庭です。

誰も庭に入ることを許しません。

ところがある朝、庭に大きな丸太が転がっていました。

その丸太、実はワニ。

そのワニに、ルラルさんは大切なことを教えられて、
ハッピーエンド。

絵本にっぽん大賞受賞作。

ルラルさんのにわ (いとうひろしの本)ルラルさんのにわ (いとうひろしの本)
(2001/09)
いとう ひろし

詳細を見る

『ゴールディーのお人形』
2014年04月15日 (火) | 編集 |
●『ゴールディーのお人形』
  M.B. ゴフスタイン (著) 末盛 千枝子 (訳)


両親が残した人形をつくる仕事を続けながら、
ひとりで暮らす女の子ゴールディは、
人形をつくるときいつも、森で拾った枝を使っています。

それじゃないと「生きている」感じがしないからです。

ただの人形、と友だちのオームスに笑われてもひとつひとつ心をこめて、
ていねいに仕事をしています。

そんなある日、お気に入りのお店で、
ゴールディーはいままでに見たこともないほど美しいランプを見つけます。

そして、その夜、素敵な出会いをするのです。

「会ったこともないあなたのためにこれを作ったのです。
どこかの誰かが、きっと気に入ってくれると信じて。」

静かで、心に響く作品。

そして、大切なことを思い出させてくれる絵本です。

ゴールディーのお人形 (末盛千枝子ブックス)ゴールディーのお人形 (末盛千枝子ブックス)
(2013/11/11)
M.B. ゴフスタイン

詳細を見る

『へんしん!たまごにいちゃん』
2014年04月08日 (火) | 編集 |
●『へんしん!たまごにいちゃん』あきやまただし
  
 「たまごにいちゃんシリーズ」というのがあり、
 けっこう人気なんだと知りました。

 面白いです。

 たまごの殻からなかなか抜け出せないにいちゃん。

 それでも殻のなかで、日々成長していくたまごにいちゃん。

 そんな子って、けっこういるなあと思います。

 子どもって、見えないところで、毎日、変身しているのです。

へんしん!たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)へんしん!たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)
(2008/09)
あきやま ただし

詳細を見る

『ちいさなくも』
2014年04月01日 (火) | 編集 |
●『ちいさなくも』
エリック カール (著) もり ひさし (翻訳)

 子どもの頃に、空に浮かぶ雲を見て、
 様々な想像をしたことがあるでしょうか。

 この絵本では、ちいさなくもが、
 ひつじ、ひこうき、さめなど・・・
 様々なものに変身します。

 想像力をひろげることの楽しさを
 教えてくれる絵本です。

ちいさなくもちいさなくも
(1996/12)
エリック カール

詳細を見る

『へいき へいき』
2014年03月25日 (火) | 編集 |

●『へいき へいき』内田 麟太郎(著), 竹内 通雅 (著)


「いくらいばっていても、あのやまへはいけんだろう。

 おそろしくてな」

 そんな声を聞いて、オオカミと子分のイタチは、

 こわい「き」がはえているといううわさの山に向かいます。

 さあ、その山で次々と出てくる「き」とは・・・?

 ちょっと怖くて、楽しい、言葉あそび絵本です。

へいき へいき (講談社の創作絵本)へいき へいき (講談社の創作絵本)
(2005/06/07)
内田 麟太郎、竹内 通雅 他

詳細を見る

『そらいろのたね』
2014年03月18日 (火) | 編集 |
●『そらいろのたね』
 なかがわ りえこ (著), おおむら ゆりこ (イラスト)

ゆうじは、野原で模型飛行機をとばしていました。

すると、森のきつねがやってきて、
 飛行機と自分がもっているそらいろのたねを交換しようと言います。

 ゆうじが、そらいろのたねを土に埋めて、
 育ててみると、なんと・・・。

思いがけない展開が、とても楽しい絵本です。


そらいろのたね(こどものとも絵本)そらいろのたね(こどものとも絵本)
(1967/01/20)
なかがわ りえこ

詳細を見る

『ぐるんぱのようちえん』
2014年03月11日 (火) | 編集 |
●『ぐるんぱのようちえん』
西内 ミナミ (著), 堀内 誠一 (イラスト)

「さみしいな さみしいな」
と涙を流しているぐるんぱは、ひとりぼっちの大きなぞうです。

 汚いし、くさいにおいもするので、まわりのぞうたちが、
 体をきれいにして働きに出してくれました。

でも、ビスケット屋さん、お皿つくり、靴屋さん・・・
どこで働いても大き過ぎるものばかり作るので、
 「もう けっこう」とすぐ追い出されてしまいます。

 しょんぼりとまた泣きそうになる、ぐるんぱ。

でも、最後に「幼稚園」を開くと・・・。

大人が読んでも心に響く、ロングセラーの名作絵本です。

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)
(1966/12/15)
西内 ミナミ

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。