FC2ブログ
良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『もったいないばあさん まほうの くにへ 』
2014年07月22日 (火) | 編集 |
●『もったいないばあさん まほうの くにへ 』
真珠 まりこ (著), 大友 剛 (監修)


「もったいないばあさんとあそぼう」の人気シリーズの1冊。

この絵本は、もったいないばあさんが、
まほうのくにへやってくるお話。

まほうつかいの修行をしている、
マジシャンのマジマジさんと出会い、

案内してもらいながら進んで行くと、
びっくりする不思議なことが次々と起こります。

 あそびの中で、ものや自然を大切にする心を伝えます。

もったいないばあさん まほうの くにへ (講談社の創作絵本)もったいないばあさん まほうの くにへ (講談社の創作絵本)
(2011/04/05)
真珠 まりこ

詳細を見る

『こころのふしぎ なぜ?どうして?』 
2014年07月15日 (火) | 編集 |

●『こころのふしぎ なぜ?どうして?』 村山 哲哉 (監修)
  
「ごめんね」がうまく言えない。

にがてなことは、あきらめちゃダメ?

おばけは、どうしてこわいの?

もっと、ともだちがたくさんほしい!

など、子どもの素朴な思いや疑問に、
楽しい絵とシンプルな文章で答える大人気の本です。

こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)
(2013/07/27)
村山 哲哉

詳細を見る

『メイは なんにも こわくない 』
2014年05月20日 (火) | 編集 |
●『メイは なんにも こわくない 』
  きむら ゆういち (著), あべ 弘士 (著)

ミリオンセラー絵本『あらしのよるに』の主人公のヤギのメイの
小さかったころの物語です。

なんとも楽天的で怖いもの知らずのメイに
ハラハラドキドキするのですが、
メイにはありえないほどの幸運が続きます。

読んでいるうちに
ほんわりとのんびりしたメイのような
気持ちになれるかもしれません。

あらしのよるにスペシャル メイは なんにも こわくない (あらしのよるにシリーズ)あらしのよるにスペシャル メイは なんにも こわくない (あらしのよるにシリーズ)
(2011/11/29)
きむら ゆういち、あべ 弘士 他

詳細を見る

『ゴールディーのお人形』
2014年04月15日 (火) | 編集 |
●『ゴールディーのお人形』
  M.B. ゴフスタイン (著) 末盛 千枝子 (訳)


両親が残した人形をつくる仕事を続けながら、
ひとりで暮らす女の子ゴールディは、
人形をつくるときいつも、森で拾った枝を使っています。

それじゃないと「生きている」感じがしないからです。

ただの人形、と友だちのオームスに笑われてもひとつひとつ心をこめて、
ていねいに仕事をしています。

そんなある日、お気に入りのお店で、
ゴールディーはいままでに見たこともないほど美しいランプを見つけます。

そして、その夜、素敵な出会いをするのです。

「会ったこともないあなたのためにこれを作ったのです。
どこかの誰かが、きっと気に入ってくれると信じて。」

静かで、心に響く作品。

そして、大切なことを思い出させてくれる絵本です。

ゴールディーのお人形 (末盛千枝子ブックス)ゴールディーのお人形 (末盛千枝子ブックス)
(2013/11/11)
M.B. ゴフスタイン

詳細を見る

『つるにょうぼう』
2014年02月25日 (火) | 編集 |
●『つるにょうぼう』
矢川 澄子 (再話), 赤羽 末吉 (画)

 「わたしはいつぞや、雪の道でたすけていただいた鶴。
  あなたのおやさしい心がしたわしく、 
  それだけをたよりに、おそばにうかがったのでした。
  どうぞ末長く、おしあわせに」

  鶴の恩返しの切ない昔話を
  幻想的で美しい絵と洗練された文章で絵本にした名作です。

つるにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)つるにょうぼう (日本傑作絵本シリーズ)
(1979/10/25)
矢川 澄子

詳細を見る

『ちびくろ・さんぼ』
2013年11月05日 (火) | 編集 |
●『ちびくろ・さんぼ』ヘレン・バンナーマン (著),
  フランク・ドビアス (イラスト), 光吉 夏弥 (翻訳)

 昔なつかしい名作が帰ってきました。

 「ちびくろさんぼ」

 ちびくろさんぼは、お父さんとお母さんに素敵な服や傘をもらって、
 大喜びで出かけるのですが、

 次々とトラが現れて、それらを取り上げてしまいます。

 さあ、その後、ちびくろさんぼ・・・

 4歳くらいに何度も何度も読んだ絵本、
 やはりユニークでした。

ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ
(2005/04/15)
ヘレン・バンナーマン

詳細を見る

『野球場の一日』
2013年08月15日 (木) | 編集 |
●『野球場の一日』いわた 慎二郎 (著)

 野球好きの子には、興味深い絵本。

 球場にはいろいろな面白いものがあるんですね。

 以下、「内容紹介から」・・・

 球場内部のふだんは見られない選手食堂、選手用のお風呂など、
 子どもたちの知らない野球場が丁寧な取材のもとに描かれていきます。

 ボールの中はどうなっているの? グローブにはどんな種類があるの?
 など野球場で使われる道具や用具もイラストで見せていきます。

 楽しい売店の様子や球場内で働く車などをそこで働く人も紹介しながら、
 野球の楽しさ、仕事場の楽しさが伝わる作品です。

野球場の一日 (講談社の創作絵本)野球場の一日 (講談社の創作絵本)
(2011/06/29)
いわた 慎二郎

詳細を見る

『はやくはやくっていわないで 』
2013年07月02日 (火) | 編集 |
『はやくはやくっていわないで 』
益田ミリ (著), 平澤一平 (イラスト)

「早く、早く」って、
  子どもや自分を急き立ててしまうことはないでしょうか。

  急いでどうなるのでしょう。

  急いでどこにいくのでしょう。

  一人ひとり違うのに・・・。

  みんな違うのに・・・。

  この絵本には、わたしたちがつい忘れがちな、
  とても大切なメッセージがつまっています。

 第58回産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)受賞。

はやくはやくっていわないではやくはやくっていわないで
(2010/10/30)
益田ミリ

詳細を見る

『宇宙兄弟』
2013年05月07日 (火) | 編集 |
●『宇宙兄弟』小山 宙哉 (著)

 
 子どもから大人まで楽しめて感動する漫画です。

 子どもの頃、謎のUFOを目撃した南波六太(当時12歳)と
 その弟の日々人(当時9歳)は、
 「一緒に宇宙飛行士になろう」と夢を誓い合います。

 それはカンタンなことではありません。

 それでも、兄も弟も、様々な紆余曲折を経ながら、
 夢の実現に向けて歩んでいく物語です。

 宇宙好きでなくても、楽しめて勇気や元気がもらえます。

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)宇宙兄弟(1) (モーニングKC)
(2008/03/21)
小山 宙哉

詳細を見る



『ちびまる子ちゃんの音読暗誦教室』
2013年04月02日 (火) | 編集 |
●『ちびまる子ちゃんの音読暗誦教室』斎藤 孝 (著), さくら ももこ (著)
 
 齋藤孝先生が「ちびまる子ちゃん」と組んで古今東西の名文に挑戦。

 日本の古典からランボー、寺山修司まで、
 従来にないラインナップによる驚きの音読、暗誦入門書です。

 初級、中級、上級、達人編と分かれています。

 音読で頭が活性化し、暗誦で名文が自分の知的財産になります。

 大人も楽しめますよ。

ちびまる子ちゃんの音読暗誦教室 (満点ゲットシリーズ)ちびまる子ちゃんの音読暗誦教室 (満点ゲットシリーズ)
(2003/09/26)
斎藤 孝、さくら ももこ 他

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。