良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ねこ天使とおかしの国に行こう!』
2017年03月26日 (日) | 編集 |
『ねこ天使とおかしの国に行こう!』 (PHP研究所)
中井俊已著 木村いこ絵
http://www.t-nakai.com/nekotenshi1.html

この本は、一人の女の子のささやかな成長物語です。

   ケーキ作りに失敗して落ち込んでいる
   ゆこちゃんをねこ天使ニャルが
   おかしの国につれていきます。
   そこでは、ケーキコンテストが
   おこなわれていて・・・。

   さて、ゆこちゃんが教えてもらった
   ケーキ作りのヒミツとは?

子どもたちがワクワクドキドキしながら楽しく読める本にしたいため、
小学校教師のときの感覚で、子どもが好きなケーキを題材したり、
ねこの天使が登場したり、面白い脇役が登場したり、
様々な工夫をこらしながら書きました。

読み終わった後に、子どもたちが元気になり、
何か自分もがんばりたい!と前向きな気持ちになってほしいと願っています。

nekotenshi2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。