良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『長ぐつをはいたねこ 』
2015年10月23日 (金) | 編集 |
●『長ぐつをはいたねこ 』
  シャルル ペロー (著), ハンス フィッシャー (イラスト),

  ご存じ世界の名作です。

  貧しい粉屋が死んだとき、息子に残されたのはねこ1匹だけ。

  ところがこのねこは、知恵と勇気あるねこだったのですね。

  困難に出合っても、挫けずに、希望を持って生きる。

  そして、知恵と勇気で道を切り開いていく。

  この物語から学べることは少なくないのです。

長ぐつをはいたねこ (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)長ぐつをはいたねこ (世界傑作絵本シリーズ・スイスの絵本)
(1980/05/20)
シャルル ペロー

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。