良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『きよしこ』
2015年03月24日 (火) | 編集 |
●『きよしこ』 重松 清著

吃音に悩む少年は、転校を繰り返す度に、恥をかき、
言いたいことが言えずに、悔しい思いをしていました。

だから少年は、ひとりぼっちでした。

ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言います。

「ほんとうに伝えたいことだったら、伝わるよ、きっと」

小学1年生から高校3年までの少年を主人公とした7つの物語。

感動に心震える珠玉の作品です。

きよしこ (新潮文庫)きよしこ (新潮文庫)
(2005/06/26)
重松 清

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。