良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かたあしだちょうのエルフ』
2015年02月17日 (火) | 編集 |
●『かたあしだちょうのエルフ』 おのき がく作

 みんなを守るため、ひとりでライオンと戦い、
 片足を失ってしまったダチョウのエルフ。

 そのため、エサを取るのも
 ままならなります。

 初めのうちは仲間が手を差し伸べてくれるのですが、
 やがてエルフは忘れられていってしまいます。

 そんなある日、再びにダチョウたちに
 ピンチがやってきます。

 そのとき、片足のエルフが取った行動は・・・。

 世代を越えて読み継がれている、
 大人も泣ける名作絵本です。

かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9)かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9)
(1970/10)
おのき がく

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。