良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 1ねん1くみ 1ばんげんき』
2015年02月03日 (火) | 編集 |
●『 1ねん1くみ 1ばんげんき』
 後藤 竜二 (著), 長谷川 知子 (イラスト)


いつも元気な「くろさわくん」と「ぼく」の1ねん1くみシリーズの
1冊です。

教科書にも出てくるそうです。

小学生低学年の男の子たちに人気です。

英語、誕生会、雨降り、クワガタ、めんこ、七夕と、
初夏の時期の小さな話が6つ入っています。

元気で常にマイペースな「くろさわくん」と、
そんな「くろさわくん」に振り回されるけれど、
やっぱり友達の「ぼく」のデコボココンビ。

1985年に出されたかなり前の本ですが、
いま読んでも面白いです。

1ねん1くみ1ばんげんき (こどもおはなしランド (10))1ねん1くみ1ばんげんき (こどもおはなしランド (10))
(1985/06)
後藤 竜二

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。