良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『希望の木』
2015年01月27日 (火) | 編集 |
●『希望の木』カレン・リン・ウィリアムズ (著),
リンダ・サポート (イラスト), 高岡 美智子 (翻訳)

「強い木は子どもを守ってくれる」
という古くからの教えがあるハイチの物語。

でも、ハイチでは生活のためにほとんどの樹木が伐採され、
土壌浸食が深刻です。

そのうえ、せっかく植林活動を行なっても、
材木や炭にするために木を切る人があとをたちません。

そんなハイチに暮らす少年ファシールが、
生まれたばかりの妹ルチアのために、
苦労して木を育てます。

失敗しても失敗しても希望捨てない、
あきらめない少年ファシール。

感動の物語です。

希望の木希望の木
(2010/10/19)
カレン・リン・ウィリアムズ

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。