良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クリスマスのものがたり 』
2014年12月23日 (火) | 編集 |
●『クリスマスのものがたり 』
 フェリクス・ホフマン (著, 絵), しょうの こうきち (翻訳)

 聖書に忠実な「クリスマスのものがたり」です。

 マリアへの天使のお告げから、羊飼いと三人の博士の登場、
 エジプトへの逃避行まで、
 有名な聖書の場面がよく描かれています。

 クリスマスの本当の意味を知るための
 良い絵本です。

 1975年発行のロングセラー。

 子どもはもちろん、
 大人の心にも響く奥深さをあわせもった名作です。

クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)
(1975/10/10)
フェリクス・ホフマン

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。