良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『葉っぱのフレディ―いのちの旅』
2014年11月18日 (火) | 編集 |
●『葉っぱのフレディ ーいのちの旅ー』
  作/レオ・バスカーリア みらいなな/訳

葉っぱのフレディが生まれてから
死んでいくまでの物語を通して
「いのち」について考えさせてくれる名作です。

「生まれること」「変化すること」は、
「永遠の命」へとつながる。

その意味を、フレディとダニエルの会話を通して
わかりやすく語りかけます。

アメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が
「いのち」について
子どもたちに書いた生涯でただ一冊の絵本です。

大人が読んでも感動します。

葉っぱのフレディ―いのちの旅葉っぱのフレディ―いのちの旅
(1998/10)
レオ バスカーリア

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。