良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二分間の冒険』
2014年11月11日 (火) | 編集 |
●『二分間の冒険』
  岡田 淳 (著), 太田 大八 (イラスト)

たった二分間の長い長い冒険物語。

体育館をぬけだした小学6年生の悟は、
ふしぎな黒ネコに出会った時から、
二分間の不思議な大冒険が始まります。

普通の小学生が、なぞの答えを求めながら
非日常の世界を冒険するストーリーには
ワクワク感やドキドキ感がいっぱいです。

20年以上前に発行された、
子どもに人気のロングセラー本です。

二分間の冒険 (偕成社文庫)二分間の冒険 (偕成社文庫)
(1991/07)
岡田 淳

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。