良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヘレン・ケラーのかぎりない夢』
2014年10月21日 (火) | 編集 |
●『ヘレン・ケラーのかぎりない夢―
  見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯』
 ドリーン ラパポート(文) マット タヴァレス(絵)
 もりうちすみこ(訳)

 ヘレン・ケラーの話は知っているのですが、とても良かったです。

 「闇と沈黙の中で、
  わたしはひたすら想像力をはたらかせ、
  思考力をきたえてきました。

  それはわたしの強みです。

  かんじんなのは見える見ないではないのです」

 小学生高学年から大人まで・・・きっと感動するでしょう。

 カルデコット・オナー賞などを受賞した『キング牧師の力づよいことば』と
 同じ著者、同じ出版社です。

 このようなタイプのマザ‥テレサの絵本ができれば・・・と思いました。

ヘレン・ケラーのかぎりない夢―見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯ヘレン・ケラーのかぎりない夢―見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯
(2014/08)
ドリーン ラパポート

詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。