FC2ブログ
良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』
2013年11月19日 (火) | 編集 |
●『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』中井俊已著

  ちょっとイラッとしたときにパラパラとめくると、
  だんだん気分が晴れてくる、そんな本を作りたいと思いました。

  「この本は、まさに人生の教科書です!
   とっても読みやすくて、わかりやすい。」

  「勤務している中学校の蔵書にするつもりです。
   思春期の生徒にも是非読んでほしい一冊です。 」
   http://p.tl/-hey

  このレビューを見て気づいたのですが、この本は子どもでも読めます。

  実際、東京の著名な中高一貫校の校長先生が気に入ってくださり、
  生徒さんにも紹介してくださっています。

  最近の子どもは、イライラして怒りっぽくなっていたり、
  ストレスを溜めていたりしています。
  
  一日10分でも読書することで、
  今日一日、
  穏やかな気持ちで過ごしてほしいものです。

イラッとしたときやさしい気持ちになれる本 (sasaeru文庫)イラッとしたときやさしい気持ちになれる本 (sasaeru文庫)
(2013/11/05)
中井 俊已

詳細を見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。