FC2ブログ
良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
『詩のえほん』
2014年02月11日 (火) | 編集 |
●『詩のえほん』坪内 稔典 (監修)

「詩」を、たのしく音読・暗唱をするための絵本です。

島崎藤村「椰子の実」、高村光太郎「冬が来た」、山村暮鳥「雲」など

時代をこえて受け継がれてきた「詩」が取り上げられ、

美しい絵を見ながら、音読や暗唱を繰り返すなかで、
豊かな感受性を育んでいけます。

詩のえほん (絵といっしょに読む国語の絵本 3)詩のえほん (絵といっしょに読む国語の絵本 3)
(2013/12/12)
坪内 稔典

商品詳細を見る

スポンサーサイト