良い本や良い絵本は、 大人にとっても心の栄養となり、 自分の心に根っこや翼を育ててくれます。 作家中井俊已がそんな本をご紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『手ぶくろを買いに』
2014年01月28日 (火) | 編集 |
●『手ぶくろを買いに』新美 南吉 (著), 黒井 健 (イラスト)


 冷たい雪で牡丹色になった子ぎつねの手を見て、
 母ぎつねは毛糸の手袋を買ってやろうと思います。

 その夜、母ぎつねは子ぎつねの片手を人の手にかえ、
 銅貨をにぎらせ、
 かならず人間の手のほうをさしだすんだよと、
 よくよく言いふくめて町へ送り出しました。

 ところが・・・

 新美南吉の名作と黒井健が情感豊かな絵の合作で
 何度読んでも心が温かくなる作品です。

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)
(1988/03)
新美 南吉

詳細を見る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。